ブランディングで集客率向上~広告の打ち出し方対策委員会~

手提げ袋

目立つものは宣伝になる

印象に残りやすいです

案内

垂れ幕を使って宣伝すれば、人の記憶に残りやすいです。不特定多数にみてもらうならば、インターネットのほうがいいですが記憶には残りにくいです。 宣伝はただすればいいわけではなく、覚えてもらわなければ費用をかけても効果は薄くなります。 垂れ幕を使えば人の目を集めることができます。移動中などでも大きな垂れ幕を見れば、何の宣伝をしているのかすぐに分かります。 サイズはいろいろありますので、垂れ幕をつける場所によって変更することができるだけではなくデザインを独自のものにしてもらうことも可能です。 垂れ幕を作ってくれる業者はいますので、技術力や実績など様々なことから選べば宣伝効果の高い垂れ幕を制作してもらえます。 耐久性は高いので長く使うことができます。

費用を抑えることができる

どんな宣伝方法とるにしても、費用はかかってしまいます。費用をかけずにやろうとすれば時間が必要になることも多いです。 垂れ幕を使えば、サイズや生地によりますが数万円程度で済みます。一度作れば、長く使うことができるのでお得なものになります。 お店を経営しているならば、目印としても活用できます。はっきりと分かるものがあればそれだけ集客効果があるものといえます。 垂れ幕の多くは、店の壁など使っていないスペースを使うので邪魔になりません。一度設置すれば、よほどのことでもない限りは外す必要がないので負担が少なくて済みます。 外す必要がでたとしても、比較的簡単に取り外すことができるので仕事をとめずにスムーズに進めることができます。

屋外で行う宣伝活動

パソコン

垂れ幕に使用される素材には通常の布に加え、メッシュ加工やターポリン等の特殊素材もあるため設置場所によって選べます。垂れ幕のメリットは印刷物が人目を惹きスペースの有効活用ができる、それに加え格安で利用できる事です。

即効性を期待できる広告

印刷機

アドトラックは1日単位で利用でき、街頭で視覚と聴覚の2つの感覚に訴えることができる広告媒体です。そのためイベント当日の会場への誘因などに適しています。そしてアドトラックの有効活用には、訴求ターゲット層の街中での行動に対するマーケティングが重要です。

イベントの必須アイテム

説明

バックパネルは記者会見などだけではなく、時点でのイベントを快適に行うために必要といわれているアイテムとして利用が可能です。利用する際には種類や価格などを参考にしておくことで、企業で快適に必要と思えるタイプのものを選びやすいといわれています。