ブランディングで集客率向上~広告の打ち出し方対策委員会~

色見本

即効性を期待できる広告

印刷機

アドトラックは公道を走りながら視覚だけでなく聴覚にも訴える訴求力のある広告媒体です。看板などと同様のビジュアルによる訴求と音声案内による訴求の両方を同時に行えます。また、公道での訴求となりますので、訴求対象は主に街頭に出てきている人たちです。従って比較的アクションを起こしやすい状況にある人が多くなります。 また、アドトラックは一般的に1日単位で利用することができますので、ピンポイントでのプロモーションに適しています。ですので、アドトラックは主にイベント当日の会場への誘因など、追い込みをかける際の利用に適性が高い広告媒体といえ、スポーツの試合当日やアーティストのCDの発売当日などの告知に利用されるケースが多くなっています。

アドトラックの有効活用のために最も重要とえる検討項目がアドトラックの移動するルートの設定です。公道を走るわけですから、法的な規制に則る必要はありますが、その範囲内でどのようなルートで走行するかによって広告効果が大きく変わってくる可能性があるからです。 それに際して重要なことが、主な訴求対象となる、街頭を歩いている人たちの行動に関するマーケティングです。アドトラックによる訴求内容に反応しやすいターゲット層がどの時間帯にどの場所にいる可能性が高いのかについて、どれだけ正確に把握できているかによってアドトラックの走行ルートを効果的なものにできるかどうかが変わってくるからです。 それ故、事前のマーケティングにどれだけ力を入れるかによってアドトラックによるメリットの大きさは変わってくるのです。